日本の住宅と比べて不便だった点、住みにくかった点

私は、海外留学をしていた際に、海外の住宅に住んでいたことがあります。

そこで、日本の住宅と比べて不便だった点、住みにくかった点がいくつかあります。

まずは、海外の家のトイレ事情です。日本の新築で建てた注文住宅では、今はもう当たり前のようにウォシュレットが付いていて、水洗トイレで、最新式のトイレが備わっている家がほとんどです。

しかし、海外の住宅でウォシュレットなどがある家は少ないですし、排水がしっかりとしていない家がほとんどです。

水の流れが悪いので、使うときに非常に気を遣う事が多かったです。

このため、日本の家に慣れてしまっていると、海外のトイレは、なんとなく衛生面であまり綺麗じゃないような気がしてしまいました。

また、海外の住宅は、これも日本と比較して、水回りが使いにくく、お風呂などが使いにくいです。シャワーメインで使うことを考えているため、日本の浴槽のように広々していませんし、浴槽などを使うことが出来ず、これも不便に感じました。