輸入住宅でも?注文住宅にした理由は消去法?

PR|こだわりの輸入住宅をつくりたい|

自分だけの住まいを購入する時は、本当に色々と悩むと思います。

おしゃれで頑丈そうな輸入住宅が良いのか、手頃なマンションが良いのか、建売が良いのか、はたまた中住宅?と、マイホームは色々な形があり、それぞれにメリット、デメリットもあるので、決めるのも大変な作業。

展示場には輸入住宅から建売までいろいろな家が並んでいますが、見れば見るほど悩ましいのが正直なところです。輸入住宅の営業さんはその良さを語りますし、安さがうりの営業さんはそれを語るので、当然ですが。

私も家選びは本当に悩み、何年もかけて様々な場所に足を運んだり、様々な物件を見て実際に確かめましたが、最終的に私が選んだのは、注文住宅という選択でした。

最初に私がマイホームの候補にしたのは、中古物件。

一口に中古と言っても輸入住宅のようにおしゃれなものもあれば、当然中古の建売もあり、物件の当たりハズレが大きいような気がします。とはいえ、値段も手頃ですし、比較的新しい家が次々に不動産広告やインターネットに掲載されていたので、とても魅力的に感じました。

しかし、実際に購入に向けて動いてみると、良さそうな物件は直ぐに買い手の予約が付いてしまっていたり、築年数の浅い物件を見に行った際には、壁に掛けられたカレンダーの裏に、殴ったんじゃないかと思う大きな穴を発見し、怖くなって購入するのを止めたりしました。

その時ご近所の方に話を伺ったところ、夫婦仲が悪くなって離婚され、直ぐ近い場所のアパートにお引越しされたらしかったので、以前住んでいた方と顔を合わせる可能性もあるのか・・とヒヤッとしたのを覚えています。

不動産業者は「輸入住宅だからおしゃれですよ~」や「庭が広いですね~」というプラス面はどんどんアピールしてきますが、不都合なことは教えてくれませんから、本当にこういう事は気をつけたほうが良いかもしれません。

次に私は建売の家を回りました。

輸入住宅のようなおしゃれさは薄めですが、もう建てられていますし、何より最初から建てるよりも安かったのが魅力でした。

しかし、幾つか周ってみて、あれ?建売で大丈夫?と疑問に思い始めたのです。

まず、川の直ぐ傍だったり、元崖があった場所だったりと、家が建てられている場所がとても不安でした。

建築業者は安い土地を探してきて売った方が利益が出ますから、そういう土地に建売物件があるのかもしれません。

また、家の図面を良く確認してみると、家の前の道路が私有地になっていて、不動産業者に確認しても、曖昧な、誤魔化したような返事しかなかったり、別の物件では、駐車場が少ないので、この当たりに月極め駐車場はありますか?と聞いた所、家の前の道路に止めれば良いと言って来た建築業者もいました。輸入住宅を扱っているようなしっかりした業者とはちょっと毛色が違う業者もいるような気がします。

ルールも守らないような人たちが建てた家になんて、とてもではありませんが安心して住めないな、と思った私は、安さの魅力には目を瞑り、建売物件は諦めました。

そして最後に残ったのが注文住宅。

確かにこの中では一番お金がかかります。

ローンも大変かもしれません。

しかし、私は信頼できる建築業者に出会え、とても安心できる家に住むことが出来ました。輸入住宅のように自分好みのおしゃれな空間を作り出すこともできます。

色々なマイホーム選びがありますし、注文住宅が必ず良いという訳でもないかもしれませんが、私にとっては注文住宅がベストな選択肢でしたので、高額かもしれませんが、住宅選びの際には、一度見積もりだけでもしてもらってみても損はないと思います。

PR|JALカード|マッサージのリアル口コミ.com|住宅リフォーム総合情報|SEOアクセスアップ相互リンク集|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|クレジットカードの即日発行じゃけん|生命保険の口コミ.COM|GetMoney|貯蓄|童話|ショッピングカート|内職 アルバイト|生命保険の選び方|サプリメント|家計見直しクラブ|